子供に英語を覚えさせるコツとは?

日本でも国際化が叫ばれるようになってからかなり立ちますが、いまだに日本人の英語習得率の低さは問題になっています。
今後海外から日本にくる外国人はどんどん増えてくるため、英会話の能力は必須スキルといえるレベルになっているため、ご自身のお子さんをバイリンガルにしたいと考えている方も多いと思います。

 

女の人と子供

 

子供をバイリンガルにするためにはいつから初めてどのような方法をとればいいのでしょうか。
バイリンガルというものにはいくつかの種類があるのですが、ご自身のお子さんをバイリンガルに育てたいと考える方が思い描くものとしては生後すぐに日本語と英語の両言語を習得させるタイプのいわゆる同時バイリンガルになると思います。
この方法で英語と日本語を吸う得するための時期としては早すぎるという時期がなく、開始は早ければ早いほど良いと言われています。
とくに英語のリスニングがしっかり正確にできるようになってほしい場合には妊娠後期から英語の歌などを聞かせるようにしたり、英語の絵本を見せながらそれをネイティブスピーカーが読み上げている音声を聞かせるようにしたりすると効果的であるという専門家の意見もあります。
言語の吸収という意味では2・3歳から12歳くらいまでが最も吸収しやすい時期とされており、リスニング能力を高めるためにはこのころに多くの英語を聞かせるような育て方をするのがよいでしょう。
これまでは学校で英語を教わるようになるのは13歳になった中学生からでしたが、13歳を超えると言語吸収能力は衰えていく一方なので、リスニング的には非常にもったいない状況でしたが日本の英語教育も変わりつつあるので、学校教育に関しては今後に期待するようにし、お子さんの英語教育に関してはとにかく早い時期から始めるようにしましょう。
2・3歳からちゃんとした英語を聞かせていけばリスニングだけでなくネイティブスピーキング能力にもつながるので早めに英語を聞かせる環境を作ることは本当に重要です。
過程で行う英語教育で重要なのはまず上記のように早い段階からネイティブスピーカの発音による英語の歌や物語を聞かせること。そして英語の絵本を読むことも重要です。
できれば一緒に読んであげると良いのですが、共働きなどで難しい場合は絵本に読み聞かせ用のDVDがついているものを購入すると良いでしょう。読み聞かせに関しては同じものを何度も聞かせて読ませるようにするのが効果的です。
英語が母国語の方であれば母国語で話しかけると良いのですが両親ともに日本人の場合は中途半端に英語で話かけると逆効果になるので注意が必要です。
ですが効率的にバイリンガルに育てたいと思うのであれば英語教材に頼るしかありません。
子供向けの英語教材も今では多くありますが、皆さんは七田式の英語教材は知っていますか?
七田式の英語教材は全国でとても有名な英語教材の一つです。
英語を効率的に覚えるために、ひたすら英語を高速に聞き取り、英語を暗記する方法として有名になりました。
子供のうちから本格的に英語を覚えさせるのであればこのような英語教材を利用することも大切となります。
このサイトを見れば詳しい情報を見ることができるので見てみてください。

七田式のセブンプラスバイリンガル

子供に英語を覚えさせるコツ記事一覧

社会が国際化の一途を辿るなか、自分の子供をバイリンガルに育てたいと思うのは当然のことです。多くの場合、自国の言語である日本語と世界で最も通用する言語である英語の二カ国語を話せるようになってもらいたいと考えている親がほとんどです。子供をバイリンガルに育てるためには、親が正しい育て方を知っておき、実行することが大切です。まず、幼い頃から日本語以外の言語を話す環境を整えてあげることは非常に重要です。「母...