親子で英語

社会が国際化の一途を辿るなか、自分の子供をバイリンガルに育てたいと思うのは当然のことです。多くの場合、自国の言語である日本語と世界で最も通用する言語である英語の二カ国語を話せるようになってもらいたいと考えている親がほとんどです。
子供をバイリンガルに育てるためには、親が正しい育て方を知っておき、実行することが大切です。
まず、幼い頃から日本語以外の言語を話す環境を整えてあげることは非常に重要です。

 

親子

 

「母語」という言葉があるように、幼少期は母親が話す言葉に大きな影響を受けます。
仮に親夫婦の母語が違い、母親が日本人で父親が外国人だった場合でもその子どもは日本語を母語として話し始めるのです。
そのため、日本人の親が外国語教育を受けさせたとしても外国語をマスターすることは難しいのです。そこで、外国語教室などで日本語以外の言語に触れる機会を設けることが必要になるのです。
両親ともに外国語が話せない場合は特に有効で、外国語教室に通うことでインタラクティブなスピーキングの練習が出来るようになります。
自宅で教材を使って練習する場合、こちらがスピーキングした内容に対して教材が返事をしてくれることはありません。
しかし、教室で講師や仲間を相手にスピーキングすれば内容に応じた返事をしてくれるため会話が成立するのです。
また、スピーキングと同様にリスニングも言語を学ぶ重要な要素ですが、いくら吸収力が高い年代であるとはいえ英語などの外国語を聞いていただけで身に付くことはありません。
子供が言語を身に付けるのは、その言語を話し、そして聞いたことで周囲の人間の行動が変化し、自分にフィードバックされることを経験するからです。
例えば、英語でお腹が空いたと言えば親が食事を用意してくれるなど、言葉と結果が結びついていることを実感するから覚えられるのです。
教材などでただリスニングを続けるだけでは言葉は身に付きません。
子供をバイリンガルにしたい時の育て方で注意が必要な点は、日本語をしっかりと勉強させることも大切だという点です。
母語である日本語を十分に理解していないと、日常会話において英語などの外国語と日本語を混同してしまうことがあるのです。
一つの文で複数の言語を織り交ぜて使ったり、日本語のアクセントを間違えることも起きてしまいます。
また、一つの言語をマスターしていないと、深い思考が出来ないという問題点もあるのです。
子供をバイリンガルに育てるためには、親が正しい育て方をすることが重要なのです。

親と子供の英語の関係記事一覧

現代はインターネットによって国境の意識が希薄化され、誰もが国際社会にアクセスできるようになっています。社会も多くの面でグローバル化しており、日本の観光地を歩いていると外国人観光客の姿を見ない日がありません。そういった現実世界において、これから社会に出る際には日本語だけでなく英語をはじめとする外国語を話すことが必須とされる状況になりつつあります。外国語は用初期から勉強することでネイティブと同等の語学...