バイリンガルとグローバル化について

現代はインターネットによって国境の意識が希薄化され、誰もが国際社会にアクセスできるようになっています。
社会も多くの面でグローバル化しており、日本の観光地を歩いていると外国人観光客の姿を見ない日がありません。
そういった現実世界において、これから社会に出る際には日本語だけでなく英語をはじめとする外国語を話すことが必須とされる状況になりつつあります。
外国語は用初期から勉強することでネイティブと同等の語学力を得ることが出来るため子供の頃からバイリンガルになることを目標として学んでおくことが大切です。
子供をバイリンガルにするためには、本人の意識と同様に親の育て方も重要なのです。

 

英語は話せますか?

 

外国語を話すためのレッスンは主にリスニングとスピーキングに分けられます。
リーディングやライティングについては幼少期の頃から教えることが難しいため、聞くことと話すことを中心に学ばせるのです。
その際、バイリンガルに育てるために最も必要なことは母語以外の言語を聞いて話す環境を整えてあげることです。
学習教材を使って自宅で勉強することも可能ですが、両親は日本語で話しかけてしまうため外国語が身に付きにくいことに加え、言葉が発達する幼少期に複数の言語を同時に受け入れることによって母語と外国語のどちらも未成熟なまま育ってしまうセミリンガルになってしまう危険性もあるのです。
セミリンガルは特定の言語を完全にマスターしていないため、深い思考が出来なくなる恐れもあります。多くの一般家庭では両親ともに日本語を話し、外出時も周囲の人が日本語を話すため、完全に外国語のみを話す環境がなければバイリンガルに育てることは困難なのです。
ネイティブが講師を務める幼児向けの英会話教室や、インターナショナルスクールに通わせることは良い方法だと言えます。
また、両親が外国語を話すことが出来るか、もしくは子供と一緒に勉強することも大切な育て方です。
子供が覚えた言葉で親に話しかけても、親が外国語を理解できずに返事をしてあげられないと学習意欲を失ってしまい、日本語のみで意思疎通を図るようになります。
両親が外国語を話すことが出来れば、外国語での親子の会話が成立するのでより身に付きやすくなるのです。
子供をバイリンガルに育てるためには、外国語だけでやりとりする環境を整えることと同時に、両親とも外国語を使ってコミュニケーションをとれるようにすることが正しい育て方なのです。

 

男の人2